145>腕時計(アナログ)>144>レディース

仁義なき戦い


【国産】 仁義なき戦い - 【在庫あり 即納】



【国産】 仁義なき戦い - 【在庫あり 即納】
モデル:jFSE65953
通常価格43333円 (税込)
価格(税込)

こちらの品は仁義なき戦いの腕時計でございます。ガラス保護シールの貼ってある未使用品ですが経年の若干の擦れや傷があります。電池切れのため動作未確認のジャンク品になります。




2014年10月18日
乳首を摘みつつオッパイを揉んで、耳は唾液でビチョビチョになるくらい舐めて、おまんこからはダラダラと流れるくらいの汁が垂れていました。
女なのが分かったので興味が出てきて、テレビを消して壁に耳を当ててスケベ心丸だしで聞いてました。

こりゃまたえらく薄い壁だな・・・とおもいつつ聞き入ると、話の内容は分からないものの、「うそー」とか「ははは」とか声がおおきくなるときっちりと聞こえるくらいでした。
風呂へ入ってテレビを見つつビールを飲んでいると、ベットのある方の壁から隣の部屋の話し声やりました。
取引先との接待というか、ただの飲み会という感じで居酒屋へ行ってたらふく飲んで食べて、その後はお馴染みのクラブへ行ってホステスと話しながら、時どきサービスだと誤魔化しながらおっぱい触ったり太股を触ったり2時間ほど遊んだ後に悶々とした気持ちで帰りました。
仕事で九州のすこし大きな街へ行って、初めて泊まるビジネスホテルでの出来事ですけど、夕方チェックインしてから部屋へ行き、荷物を置いて外へ出ました。
帰りながら、ヘルスかソープかもしくは部屋へデリバリーヘルスでも呼んで・・・と、何とかこの悶々とした気持ちを解消したかったけど、財布の中が寂しいのでコンビニエンスストアでビールを買ってホテルへそのまま帰りました。
部屋へ戻ったのが夜中の0時頃。「・・んんっ・・・」

と呻くような声がしたんです。

「じゃあねーバイバイー」

と話し声が聞こえ、ドタドタとトイレへ入る音がして、ジャーとその後水を流す音が聞こえ、シャワーを出す音がしたので風呂へ入るのだと思いました。

何だ、エロビデオ見ているんだな、と思いつつも聞き続けてると、ビデオとは確かに違うあえぐ声がしてきました。

「ああ・・・」とか「うう・・」とかオナニーしているに他なりません。

10分くらいしたときに

隣のシャワーの音が止まり、戸とバタンを閉める音がしてテレビの音が聞こえてきました。

興味がますます湧き、どんな女だろうとすけべな妄想が膨らみました。
私も段々興奮をしてきました。

そして自分のペニスを扱きつつさらに聞きました。

もしかすると ?とおもって慌てて壁に耳を貼りつけて聞いてみたらビデオのHな場面の音のようだったので、私もテレビのスイッチを入れました。

その映像と隣から聞こえる音を比べたらシンクロしていました。

どんな女か分からないけど、エロビデオを見つつオナる女を想像してその女の声を聞いていると、普段体験する事が出来ないみたいなエロい気分でした。

それが15分くらい過ぎた頃にエロビデオは終わりました。

部屋の窓を開けて隣を見ると、何とベランダがあったのでそっと外へ出て隣の窓をチェックすると鍵が掛かってました。

その事で益々女への興味が出てきて、ビールを飲むスピードが上がりました。

風呂上りの女の寛ぎ方を想像しつつすこし聞き入っていたけど、テレビの音や時々咳払い意外は何も聞こえず、もう寝るんだと思って私もベットで寝ようとした時でした。「しかし驚いたな・・」
そう言って近づいて行くと女は
「いや、来ないで」
そう言って後ろに下がりました。だけど後ろは直ぐ壁だけ。
「いやっ!」
「大声出してもいいよ。でも自分の格好を見て判断するんだね」
「・・・」
だまって横を向かいていたので、顎をそのまま掴んで無理やりキスをしました。

続きを読む

仁義なき戦い

2014年10月17日
中出し・妊娠のエッチ話官能小説
赤ちゃん欲しいです。中でたくさん出して孕ましてください
合流してカラオケに行く・・・が、11時開店。
その日のまゆの服装は相変わらずTシャツジーパン。
すこし車の中で時間を潰すことになったので、車をドラッグストアの駐車場に移動してこの前の雑談の続き・・・良く覚えてないがアニメの話題が多かったかんじがする。
とあるコンビニエンスストアーで。
9時半がいいと言ったのはまゆの方でした。
色気ゼロ。
間違いなく男性経験はない!と確信。
ワタシはその子に1ヶ月も期間がないので採用が困難な事を伝え、そのまま雑談に・・・気づいたら次の休みにカラオケに行く事になっていました。
今は夏休みで、休みが終わるまでバイトしたい。
そこから意図的に恋愛話に持っていく私。

ぱっとみためは黒髪のポニーテール。
休みの日、待ち合わせの時間は朝9時半。
働いてると面接希望の電話がありました。
連絡先を名前と聞いて、面接にとりあえず来てもらう事になりました。
その子の名前はまゆとしておきましょう。
ワタシは飲食店の店長をしてました。
胸はBぐらい?。メガネをかけ、Tシャツジーパン。
8月も終わりに近づいた頃の出来事。
年齢は18歳で、地方の大学に通ってる。車のシートを倒して、キスをし続ける。
まゆの口の中に舌を入れても抵抗なし。
これは・・・とおもい、胸を触る。
ワタシ「さっきしたことないって言ってなかった?」
まゆ「うん」
抵抗なしってことはオーケーって事にしたワタシ。
すぐさま、まゆにキス。

流石にびっくりをしたのか硬直のまゆ。
そんなの完全に無視。
服の上からでは飽き足らず、Tシャツの中に手を入れて直に揉む。
まゆ「11時なってるよ」
私「あっ!ほんとだ」
と言いつつも、関係無くキス、右手は胸に。
付きあったことあるの?とかキスは?とか・・・っで勢いで抱き寄せてみたら、意外にも抵抗なし。
調子に乗ったわたし・・・おまけにキスもなんておもい、キスしようとするとこれも抵抗なし。
カラオケに着き、フリータイムで入室。
わたし「もっと2人きりになれる場所もあるけど行かない?」
とまゆに提案。
まゆ「私はどこでもいい」
どこでもいいって言われてたら、やっぱ行くところは1つでしょ!と思いつつカラオケに向かう。
全部脱ぐのは恥ずかしいとまゆが言ってきたので快く了承。
Bカップと思っていた胸が、実をいえばDカップある事がココで判明。
まゆに指示し、ズボンとパンツをズラさせて私も下半身を露わす。
まゆはわたしの足の間に膝をつかせて座らせる。
ブラとパンツを脱がしてキャミソールだけに。
そして、私はソファーに腰掛けスボンのチャックを下ろす。
Tシャツを脱がして、ジーパンもぬがすと、長めの白のキャミソール、下着は水色のモダンなもの。
私「舐めたことある?」
まゆ「ない」
初めてだから当然だよな、と思いながら、
私「とりあえず咥えて」
と言いながらまゆの口の中に押し込み、まゆの頭を掴んで上下に動かす。
私「なんとなくわかった?わかったならやってみて」
と言いながら、両手を離す。
まゆ「難しい・・・」
勿論、ココでも写メを撮る。
私「上がいい?下がいいと?」
まゆ「??上かな・・・」
質問の意味を解りてない様子。
ないってことはOKと解釈。
まゆに15分程度咥えさせて、写メを3枚程度撮影して次に移行。
ワタシが「吸いながら」と言うと、素直にやるまゆ。
でも、歯が当たって痛い。
まゆは懸命にえづきつつ頭を上下に振り、咥えている。
3分ぐらい私が動いて、まゆにやらせる。
わたし「まゆの大切な思い出だから撮るね。自己紹介して?」
ケータイ電話に向って・・・。

続きを読む

Comments(0)
2014年10月16日
中出し・妊娠のエッチ話官能小説
キスしながら腰を動かして弥生の奥に精子を送り込んでいるようだった
俺はなにかと弥生に宏とかかわるなと言っていたが、
弥生「宏くんは良い人だよ!!私じゃない良い人見つけて欲しいの」
と言って聞かなかった。
ある日、弥生に電話すると何気ない話だけど明らかに様子がおかしかった。
長いこと付き合ってるし、結婚を視野に入れてる時の事だった。
俺は心配を感じ、仕事を終えて帰る途中に弥生の部屋に寄ってから帰る事にした。

こいつは顔は勿論キモいのだが運動神経ゼロで嘘つき、性格も悪く、臭い、弥生の私物を窃盗する等とにかくキモいやつだった。
何がとはいえないが、長い付き合いだからわかるものだと思う。
俺も、宏にレイプをする度胸も無いし俺と付き合っているのも知っているし、宏に弥生が惚れるはずも無いと思っていて無関心だった。
だけど、23歳の秋頃に事件は起きた。
その時、俺は弥生との結婚資金を貯める為に必死に仕事をしてて、弥生とは月1ぐらいしか逢えていなかったし、連絡も月に2~3回程度だった。
俺と弥生以外にも宏というキモいヤツが中学・高校とおなじ学校で、こいつは中学の頃から弥生に惚れていて高校を卒業してからもアプローチがスゴかった。

弥生も無言でフェラしてゆっくり頭を前後に動かしていた。
弥生の部屋は電気は点いているが、豆電球で暗かった。
とりあえず話の内容を聞く為にさらに奥に行き、ドアをチョット開けて様子を見たら驚愕した。
下記、弥生と宏の話。
弥生と宏が半裸でキスをしてた・・・俺は愕然としたが、弥生の様子が気になってしばらく様子を見ることにした。
宏「弥生・・・ドロドロだよ・・・」
弥生「宏のでしょ?・・・恥ずかしい・・・」
宏は無言で勃起をしたチンコを弥生の顔の前に出した。
帰っているのならば安心だったけど、ビックリさせてやろうとおもって合鍵で部屋にそっと入る事にした。
5分程して、
弥生「宏の先からたくさん出てるよ・・・」
宏「・・・もう我慢出来ない・・・入れていい?」
宏は答えも聞かず、弥生を寝かせて正常位で生挿入をした。
続きを読む

Comments(0)

最新記事
乳首を摘みつつオッパイを揉んで、耳は唾液でビチョビチョになるくらい舐めて、おまんこからはダラダラと流れるくらいの汁が垂れていました。
赤ちゃん欲しいです。中でたくさん出して孕ましてください キスしながら腰を動かして弥生の奥に精子を送り込んでいるようだった 湯船の外での手コキは他の人に見られたら危険なので、湯の中で握ってもらう事にしました。 義弟はあっけなくイッてしまって、たくさんたくさんゴムの中に放出しました。 その後に女が吐いた事で少し興奮が冷めた事もあって、ブラを付け直して体を綺麗に拭いて元の状態に戻した後、俺は逃げてしまった。 新人さんを指名して待合室で待っていざ部屋へ案内されると、なんと昼間のOLさんらしい女性が下着姿で嬢をやっているではないですか 全身から汗が噴き出してきましたが射精の瞬間までは掛かりそうでした 激しく暴れたせいか、膣内から溢れた精液がお互いの下腹部にたくさん飛び散っていました 田舎なこともあり、駅近くなのに静かで非常に気に入ってる。 で、家に寄るなり、再び飲みなおし。 鍵を閉めて全裸になり、棚のカーテンを開けると、100本以上のビデオとDVD、10冊ほどの雑誌があった。 よだれで滑りやすくなったチンポ・・・愛美は緩急をつけながら なでると言う感じからシゴクという表現がぴったりの手コキをしてくれた。 麻衣の手には僕の白い、ドロドロの精子がしたたり、それを見てまた僕は興奮してしまった事を憶えている 向かい合っていた従弟から激しく精液が俺に掛った。 綾香ちゃんは冷たい目で僕を見ると、疲れ切った感じで家に帰って行きました。 迷惑メールかと思って削除したけど、もしかすると彼女だったかもしれない。 小百合ちゃんの喘ぎ声が悩ましく変わっていく。 挿入したままのキスはお互い盛り上がるものがあり、そのまま腰を振る 舞の腰を持って引き寄せ、チンポをナマのまま入り口に押し付ける。 セフレになり、今では彼氏以上にセックスしている 今思えば人生で二度しか訪れてない「モテ期」のうちの貴重な一度目だったと思う。 先輩のお汁で顔中べったりになるけどソレが嬉しい 妻はヤリ溜めするような感じで、性欲が無くなるまでヤってる様に見えました 資材は大幅に安くなり、納品はそれなりの値段になり、大きな性力になった お風呂から上がり、再びスピーチを考えようという話になりましたが当然集中できず、また彩乃のベッドの上で抱き合いました。 とりあえず和姦って事になって本当にホッとしたよ 前後不覚は承知で彼女に許可をもらった上で、風呂に入れる事にしました ある連休のとき 私が通う園の子が先生のおうちに泊まりたいとやんちやを言ってきました 体育館の中で、裸で走らされていたそうです 次の日もまた次の日も人数は増えていき、結局、一週間で30人くらい相手させられたようだった 明日また綾香ちゃん泊めるから今度ははフェラしてもらおうと思う

トイレの水の中に汁垂らしている光景と島本の恍惚した表情が 俺が腰を振るのを止めてみても、勝手に俺のモノは春菜の中に包まれていく。 ダンナと息子が起きる前にシャワーするの 全てが初めての事ばかりだからか一生懸命やるんで、めちゃめちゃ可愛い 彼女も最初は泣いていたが、結局セックスに協力的に体を動かした。 ちなみに女くるみはちゃんと攻めればすぐイクいい子。 咲に3年間何回も中出ししたのに妊娠しなかったのはこのせいかとその時初めて確信した 会社でもやはり最低限の会話しかしなくなりました そう言って顔を赤らめる彼女の顔が、俺は一番好きなのである。 プロレスごっこやってて押さえ込まれたりヘッドロックかけられたりして 抱き合ってるような感じをずっと続けていたら 白い肌、形の良いお尻を見下ろしながら可愛い声を聞いているのが最高だ おっぱぶ 縦笛横笛は当たり前、玉攻めも上手で玉の陰毛も一本一本舌先で舐める 今の彼とのHはモノ足りなくて1回もイッた事なかったのに(イッたフリばかりしてた) 彼女も相当酔ってて、少し絡んできたけど、軽くタッチ程度で僕は爆睡。 彼女も自分の酒癖に懲りたのか、僕以外の前では酒は控えている。 その後も姉は何度も何度も絶頂を向かえ、そして何度も何度も男と交わっていた オレは美和にフェラされながら、美和のおっぱいを揉む。 こんな、こんなシチュで確信犯的なこの言動
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
2014年10月
2014年06月 2014年05月 2014年04月 2014年03月